脱毛サロンに行く前の準備で忘れがちな最も重要な事!うぃっしゅ

準備

脱毛サロンに行く前の準備で忘れがちな最も重要な事、それは肌の色です。

光脱毛はメラニン色素に反応する

光脱毛は、毛根のメラニン色素に反応する光を照射して、ダメージを与えて発毛を抑制します。

このメラニン色素はお肌にも存在しています、特に日差しの強い季節は日焼けしやすく、メラニン色素も多くなります、光を照射したときお肌にも影響を与えてしまうので、日焼けは厳禁なのです。

もともとレーザー脱毛は欧米の白色人種を対象とした脱毛方法で、これを日本の法律でレーザーの強さを制限したのが光脱毛です。

強さを制限しているとはいえ、毛根にダメージを与えなければ意味がありませんので、当然お肌にあるメラニン色素にも反応してしまいます。

脱毛する部位ごとに対策をしておこう

通常生活で日焼けする部位の脱毛と、そうでない部位の脱毛では対策が異なります。

日焼けする部位の脱毛

日焼けする部位の脱毛は、思い立ったが吉日ではなく、脱毛サロンに通い始める時期を決めて、そこから対策を練っていく必要があります。

冬支度を始めるころから通う

そろそろ冬という季節から脱毛サロンに通い始めることには、もう一つのメリットがあります、それは脱毛サロンが混雑していないということです、これは都合に合わせた予約が取りやすいので時期としては最高です。

どうっしても都合で春ごろからでないと通えない

どうっしても都合で、日差しが強くなり始める春ごろからでないと通えない、この場合は、腕など絶対に肌を露出する服を着ない、顔は日焼け止めクリームで対策する、などをしながら脱毛サロンに通い出すようにしましょう。

ひとしきり夏を楽しんでから通う

ひとしきり夏を思いっきり楽しんでから通う、この場合、日焼けが治まる冬近くまでは脱毛サロンに通うことはできません、断られてしまいます。

通常の生活では日焼けしない部位の脱毛

通常の生活では日焼けしない部位というと、脇、VIO、Oラインですね。

脇が日焼けすることはないので、ほぼ無対策で季節を問わずに通えますが、VIOやOラインは色素沈着があるということです。

個人差はありますが、色素沈着はメラニン色素なので、光脱毛だけではないのですが、神経も密集していることから、やや難しい部位であることは間違いありません。

対策としては、デリケートゾーンの黒ずみ・匂いのケア石鹸などを使用して、少しでも色素沈着を和らげることです。

まとめ

ここまでの記事を簡単にまとめてみます。

  • 日焼けした部分の脱毛はすぐにはできない、日焼けが治まるまで待つ
  • 脱毛サロンに通うと決めたら、日焼け対策を必ずする
  • VIO、Oラインの色素沈着が激しいと感じたら、脱毛はレーザーや光でもやや難しいので、美白効果のある対策をしてみよう
  • できることなら、冬に入るころから脱毛サロンに通うい始めよう
  • 脱毛処理直後は絶対に日焼けさせないこと

うまく文章が書けてなくて、ご理解いただけたのか、と思ってしまいますが、このようなことは脱毛サロンの無料カウンセリングでお話ししていただけますので、日焼けした状態でお店に行かなければ、断られることはありません。

まだ脱毛サロンが沖までない方は、脱毛サロンの選び方を伝授を参考にしてみてください。

ご質問、ご意見、ご感想

以上、脱毛サロンに行く前の準備で忘れがちな最も重要な事!でした、ご意見、ご感想、ありましたらコメントお願いします、それではお疲れ うぃっしゅ!

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。